サープラス・グローバル財団

発達障害者とその家族を支援するために設立

設立目的

(株)サープラス・グローバルは社会の善良な構成員としての責任を完遂し利潤創出とする目的を超え社会の一員として共存するための社会貢献事業の一環で収益金の一部を社会に還元し発達障害児童のためのリハビリ治療施設を運営しており、発達障害家族に必要な情報、教育、情緒的支援をすることで発達障害者家族の問題を解決し社会的、情緒的な安定感を求めて生活のを向上したく社会福祉法人サープラスグローバル財団を設立しました。

メイン・プロジェクト
  • 教育リハビリ事業
    発達障害関連団体と機関、父母会等で主管する親教育プログラムを支援したり、親から多様な要求を受け入れそれを充足させる発達障害児育児に関する親教育事業を提供することで障害児童養育による教育情報を得て、親たちの触れ合いの場を作り、お互い心理的な支持を受け類似している問題を持っている子供の親たちがお互い情報交換をしながら必要な手伝いができる様にする. 又、発達障害青少年のための性教育プログラム、障害/非障害児童の友たち結び、障害認識改善プログラムを通じて障害/非障害集団構成員間の認識の差を減らし社会的統合と共同体意識を向上させる。

  • 社会心理リハビリ事業
    発達障害児童の機能向上と活動発達のため言語治療、遊び/心理治療、社会適応能力及び社会参加機会提供のための社会性増進プログラム等リハビリ治療サービスと発達障害家族のストレス解除や再充電のため治癒プログラム、文化/余暇支援プログラムを運営する。

  • 出版支援
    発達障害及び発達障害親教育に関する図書の出版費用を支援する。又、既に出版された図書の中で役に立つ本を選別しE-Bookで出版、財団ホームページで読める様にすることで発達障害児の親たちが子供の障害の程度と特性による専門的な知識を習得し望ましい親の役割、問題状況に対処する方法を習得できる様にする。

  • 学術支援、研修支援
    学術研究費支援を通じて発達障害関連学術研究に寄与し専門家海外研修時に経費を支援することで他国の発展した障害者福祉に関する現場の動向と現状を把握し発達障害者たちに最上のサービスを提供できる様にする。

  • 発達障害関連情報の支援
    発達障害に関するポータルサイト運営、ニュースレター発送、ブックカフェ・スタイルの資料室運営を通じ発達障害児がいる親に児童の障害程度と特性による専門的な知識と情報を提供する。

For further information, visit http://www.surplusglobal.org